カテゴリー: 話題・炎上ニュース

世界で初めて人種差別撤廃を提案した日本。「日本人は人種差別をしない」自分達にとっては当たり前の様に行動していることが、彼らには涙が溢れるほど嬉しかったらしい

2018-06-06 10:58:09

世界で初めて人種差別撤廃を提案した日本。「日本人は人種差別をしない」自分達にとっては当たり前の様に行動していることが、彼らには涙が溢れるほど嬉しかったらしい

「我々を人間として迎えてくれたのは、アフリカと日本だけだ」

アート・ブレイキー名前はブレイキーながら、この人の演奏はまさに「ブレーキの壊れたダンプカー」

 

「ナイアガラ・ロール」と異名を

 

取るドラムの連打を武器に、

 

ジャズ・シーンを席巻した、

 

ジャズ・ドラムの大御所中の大御所です。

 

1961年、ブレイキーのグループ

 

「ジャズ・メッセンジャーズ」

 

日本の地を踏んだと同時に、

 

日本国中に「大ジャズ・ブーム」が巻き起こりました。

 

あまりの大歓迎ぶりに

 

一番びっくりしたのは本人だちです。

 

自分たちの演奏が、

 

国営放送で全国に流れると知って、

 

「マジかよ!?」状態だったとか。

 

アメリカでもそんなことはなかったんです。

 

そして、さらにアート・ブレイキーを

 

驚かせることがあったのです。
それは・・・

 

空港には熱狂的なファンが多数、

 

ブレイキー一味を出迎えました。

 

それだけでも彼らにしてみたら、

 

「誰かVIPでも飛行機に乗っているのか?」
というほどの仰天モノなのに、

 

全員が自分たちを迎えに来ていると知った

 

ブレイキーは、大泣きしたそうです。

 

すると、日本のファンの一人がブ

 

レイキーにおずおずと近づいて来て、

 

こう言ったのです。

 

ブレイキーはこのファンの言葉を聞いて、

 

更に熱いものがこみあげてきて、

 

泣きじゃくってしまったそうです・・・