カテゴリー: 女子必見 / 大人の事情

『お金がないの。高校辞めて働いて欲しい』私は中退し、体を売る店で働いて毎月20万以上も母親に渡していた。母が急逝し、通帳見たら…

2018-05-20 23:23:24

『お金がないの。高校辞めて働いて欲しい』私は中退し、体を売る店で働いて毎月20万以上母に渡していた。

母が急逝。埋葬後、母の通帳を見たら涙が止まらなくて…

 

 

小学校の低学年時に父と母が離婚した。

 

その後父に会ったのは1度だけで(2年半後)、

「こちらで暮らさないか」と言われたけど、

「お父さんは愛人と暮らすために私達を捨てたのよ」

 

と教えられてきた私は、側にいた母にしがみつき泣きながら断った。

「お父さん嫌い。二度と会いたくない」

 

と。

 

母は私達を学校に送り出した後に仕事に出かけ、掛け持ちで水商売と夜遅くまで働いていた。

 

けど、私が高校生になった頃、母は変わった。

 

 

「私も水商売で働いていた。お前も夜の店で働け、生活費を稼いでくれ」

と言うようになった。

 

「自分は、不景気のせいで前ほど稼げなくなった。

申し訳ないけど、高校は辞めて欲しい。

毎月30万円は入れて貰わないと・・・」

 

そこまで言われてしまった。

 

 

私も年頃の女の子。

 

欲しい服の一つや二つはあるし、今のままじゃ私が回らない。

 

弟も、言わないけど小遣いもなく無理している。

 

30万も稼いで家に入れ、弟の学費とお小遣い。

そして自分の生活費。

 

高校も出ていない女子には、もう選択肢は限られていた。

 

私は自分の身体を削る仕事も始めざるを得なかった。

 

もちろん、家族には内緒・・・

関連記事